2012年07月22日

七つ道具

手段や方法を整理する上で7つ道具は非常に有効だ。
だが、道具の使い方を理解出来なければ7つ道具本来の意味が無い。

『凡人がエクスカリバーを持っても勇者には成れない。』

身の丈にあった手段、方法で立ち向かえばいい。
道具だって身の丈にあったものがあるはずなんです。
むしろ、道具に拘る必要さえないのかもしれない。

自分の出来ることの延長上に必要な物は見えてくるはず。
自分スタイルの七つ道具を探そう♪

俺のゲーム作成での武器はD言語とYGS上のC言語
どちらも基盤から組み立てたわけではなく
俺の踊るフィールドはD.K君によって殆どは用意してもらったものです。

大きなプロジェクトを作り上げるのには
知識、モチベ、統率、進行やら色んな問題がでてくる。
ゼロからのスタートで誰もが、なんでもできるわけじゃない。

自分の度量、役割を考えよう。
自分の出来ることを自分なりに少しでも前進させよう。


結果を先読みして結論を出すことはない。
結果は最終的な成果だけど、結果よりも過程の中で成長するということが大事。
結果が良ければそれでいいと言うのなら 
たまたま運が良かったとか、たまたまニーズにあったとか偶然もあるだろう。
でも、そんなものは一時的なもので長続きしない。
そんなものでは次に生かされない。

次に繋がる成長をしよう。
がむしゃらに生きようぜ!

D.Kくんと出会ってから7,8年経つけど
フィールドや次元は違ってもお互い刺激は受け合っていると思う。
これからも、よろしくお願いします。相棒!
posted by 瓦千鳥 at 17:00 | 福岡 ☀ | Comment(0) | ゲーム脳と仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする